田中デザインプロダクトのロゴ ◀TOP


 活動理念 / Philosophy


 作 品 / Works


 木 材 / Wood material


 略 歴 / Profile


 お問合せ / Contact


 

 

工房のイメージ画像

メイン写真、山桃の器とガラスの浮き玉

 

「 略 歴 / profile 



幼い頃から図画工作が好きで、大学から大学院まで木工を専攻し、飛騨の木工集団オークヴィレッジに入社しました。
家具やクラフトのデザイン、設計、企画、営業、製作、育林まで、幅広く手がけました。
木の伐採に始まり製材、乾燥、加工、仕上げまで28年間にわたりトータルに関わることで、様々な体験を経てノウハウを取得してきました。

 

 


1964 山口県宇部市生まれ
1988 東京学芸大学 特別教科教員養成過程 美術科専攻工芸専修 卒業
    三年次より木工を専攻し、小物から家具までの様々な木工技術を習得
    卒業制作は木の造形家具「ワルツ」
1989 大学院時、大学内展覧会出展のスツールが水田徹名誉教授の買い上げとなる
1989 朝日現代クラフト展入選、「コーヒーテーブル&スツール」が買い上げとなる
1990 東京学芸大学大学院修士課程 教育学専攻 工芸コース(木工専攻)終了
    主として木による造形家具を製作 
    主論文は木の造形家具「ガイアへ」
    副論文は「高校における木工芸の一考察」
1990 オークヴィレッジ有限会社(のちに株式会社)入社
    木の家具・クラフトの企画・デザイン・設計・営業・製作に携わる
2016 正プラス株式会社入社
    木のアロマを取り入れた、空間デザイン・家具・クラフトデザイン
    パッケージデザイン・営業・マネージメントに関わる
2016 デザイン・製作を手がけた「森香炉」がG7伊勢志摩サミットの公式記念品に採用される
2016 デザイン・製作を手がけた製品のパッケージがアジアトップアワード受賞
2018 正プラス株式会社を退社し、田中デザインプロダクト開業
    木工家としての活動をスタート

メイン写真、山桃の器とガラスの浮き玉